危険な空き家

都会で深刻化している危険な空き家が増えています。
更地にしても再建築できないとなると、お金が出ていくだけになりそりゃあ、放置したくもなるでしょう。
都内で駅から3分の場所で、26戸が空き家。
合計すれば5億円くらいの土地なのに、住人の高齢化で施設に転居したり亡くなったり
法律が変わらない限りは更地のままの状態です。
車が入ってくることも出来ないから駐車場にも出来ない。
足立区には同じケースが1000件もある。
地代は入らないのに固定資産税は払わないといけないとか悲劇です。
相続放棄をするには弁護士費用などで100万円もかかるのなら、ほおっておくしかないですよね。
地震などの災害で倒壊する恐れだってあるし、かなりの無駄物件なのだから改正していくべきです。

寝坊してしまいました

自分寝坊をしないので、先日寝坊をしたときはものすごくショックでした。
どれくらいしないのかって、本当に一年に一回もしないくらいなんですよ。
目が覚めて携帯電話を見たら6時19分で、まだまだ寝られると思いました。
やけにスッキリしているのに変だなぁとは思いました。
そしてハッときがついたら6時50分すぎです。
いつも起きている時間は5時45分なので、寝ぼけていて寝坊したと気が付いたのです。
スヌーズにして何回か寝ることはあるけれど、こんなに完璧な寝坊をしたことがありません。
まあ、とりあえず間に合いましたけどね。
ひさしぶりに、予備の目覚まし時計を使ってみることにしました。
そして翌朝になった音。
時限爆弾が稼働した音見たいだったことを思い出しました。(笑)

不審車両が避けられる

家の近くに住人とは関係ない車両は入ってきて欲しくないと誰もが考えますよね。
新しく住宅街を作るときにはそんな工夫が大規模でできると知ることが出来ました。
不審車両が避けられるなんて有難い仕組みですね。
車は通り抜け出来ないけど住民の人が自転車や歩行で通る道はあるというのがまた良いですね。
あと、ボンエルムと呼ばれる道路でスピードを出すことが出来ない仕組み。
道路の端に植木のようなでっぱりを交互につくり、スピードを出してまっすぐ進むことが出来ないようになっています。
住宅街なのだからスピードは控えるべきですよね。
ただ、ここはすれ違えないような気がしますけどね。(笑)
住む家を替えることは容易ではありませんが色々参考にしたいです。

虫が大嫌い

虫が大嫌いなので家の中にいたら基本的には駆除します。
トイレにいたらトイレに流してしまうのが一番手っ取り早い。
でもクモにだけは寛大になってしまいます。
小さい虫でも駆除しちゃうのに、間違ってクモをつぶしてしまったら罪悪感があります。
なんだろう・・・
前世はクモだったとか?(笑)
基本的にクモがいたらティッシュとかで柔らかく包んで外に出します。
まあ、すごく体の大きいものはさすがに怖いけれど、怖くはないかな。
いきなりいたら驚くけど、なんだ~クモか!って軽く流せますよ。
自室じゃなければ家の中にいてもそのままスルーですね。
他の虫ならありえない対応です。
ここ最近でその差について気が付きました。
この贔屓は本当になんなのかちょっと知りたいくらいですよ。

スーパーカップのチョコミント

スーパーカップのチョコミントのアイスが復活するってよ!!!!!
思わず、声が出てしまった朗報です。
一年中売っているチョコミントアイスもありますけど、味が合わないのかあまり美味しいとは感じません。
そこで美味しいと思ったのが、スーパーカップのチョコミントアイスです。
何が良いってもちろん美味しいことが大前提ですけど、スーパーで買えば安いアイスということです。
一番好きなのはファミマで打っているガッツリ入っているチョコミントアイスです。
でもそっちは量が多いのでそうなってくると自然と金額も、もちろんおデブの元も多いわけです。
好きなものを途中でやめるのは難しいです。
だから丸々食べてしまいたい。
そんなのにも丁度良いので、復活はとても嬉しいです。

酷い姿の出歩くべからず

北京ビキニ、って言葉を聞いててっき女性の最新のビキニのことかと思ったら、ビール腹を出した男性でした。
丸々と突き出たお腹だけ出して出歩いているその姿が醜くて気持ちが悪いです。
割れた腹筋を自慢するためだったらまだいいですけどね。(笑)
禁止が出たらしいけど、そりゃそうでしょ。
なんでそんな恥ずかしいことが出来るのか全く理解できません。
ああ、恥だとは思っていないのだから仕方がないですかね。
2009年は上海ではパジャマで出歩くのも普通に見られた光景のようです。
上海万博の為に禁止にしたそうですが、正直言って笑ってしまう国ですね。
でもまあ、あの国よりはマシかなというところが多々あるので、改善しようという姿勢は大事で良いことだと思います。

異性の見た目

なんだかんだ言っても、異性の見た目については見た瞬間に好みではない人というのはいるものですよね。
もちろん声高に批判することはしないけれど、内心では完全に差別をしないなんて無理ですよ。
全員を平等に思うのはなかなか難しい。
拒否したいからといってその人に危害を加えたいわけでもなく、避けたいと。
逆にとても整った顔をしている人に対しては引け目も感じるから近寄りたくないです。(笑)
それはそれで差別にもなりますね。
カリスマってもう古い言葉のような気がしますけど、カリスマ美容師がお客さんに対してわいせつ行為をして逮捕されたってニュース。
ちょっと小ぎれいにしているだけでも、まあまあモテそうなのに複数に手を出すとかばかみたいですね。

子供のころにあった駄菓子屋

子供のころにあった駄菓子屋さん。
あのころはお小遣いだって限度があるから、食べたいものがいっぱいあっても買うことが出来るのは限られています。
あのこのに食べたお菓子で好きなものがあるのに、スーパーでは売っていません。
中学生になったあたりで閉店してしまった駄菓子屋さん以外ではみかけないんですよ。
ネットが使えるようになって検索しても出てこない。
なんでなのか謎と思ったら解明しました。
商品名とパッケージが変わっていたので検索にひっかからなかったんです。
甥っ子が持っているお菓子セットの中に、もしかして?と思うのをみつけて発覚しました。
送料かかっても良いからネット注文を!と思ったら売り切ればかり。
でもいつかは買えそうなので嬉しいです。

歩道から店に近づいた男

歩道から店に近づいた男が植木鉢をなぎ倒すという事件が起きました。
被害は20万円にものぼるそうです。
酔っ払っているかのような足取りで男性がこの行為をしていました。
酩酊状態なのを差し置いても、なんでこういうアホなことをする輩っているんですかね。
同じ男として心底恥ずかしい行為ですよ。
あとは皇室関係者の学校に刃物を置いていった男も。
子供に対して脅すようなことをすうことも最低です。
猫を虐待していた男もいましたね。
女よりも男の方が幼稚だと言われてしまうのも仕方がないことだと思わざるを得ない犯罪ばかりです。
自分は違うのにと言いたいくらいですよ。
どの犯罪者も必ず捕まって罪をつぐなわせるべきなので、警察関係者にはがんばって欲しいです。

リユース精神

クリーニング店で人のおさがり(古着)を買う、という取り組みをしているそうです。
お店でクリーニング済みなのでクリーニング代だけ払えば買えるのが嬉しいでしょうね。
おさがりサービスって、名前がちょっと微妙ですけども。(笑)
子供の洋服なんてとくにそうですね。
すぐに大きくなっちゃいますからね。
このサービスではないけれど、私も古着を買うので良いなと思います。
おさがりを持ち込んだお客さんにもメリットがもちろんあります。
たしかに、ただあげるだけじゃ商品は集まらないですからね。
一か月間使える、おさがり1点で10円の割引券がもらえます。
えーっと、かなり買いたたかれている感じはしますね。
まあ、中には売れそうにないのもありますけど、オークションとか面倒だと思う男性にはいいかもしれません。