両極端なこと

100%いいものも、100%悪いものも、いずれもないと思っています。
メディア戦略として行ったものが批判の対象になったり話題となって盛り上がったりと両極端なことはありますね。
でも何事も片方の意見や感想しかないなんてことはありません。
そこを考えて幅広い層に反感を買われずに良い話題になるようにしなければならないのを仕事にしている人は大変ですね。
自分が良いと思っても、反対意見を持った人は案外近くにいるかもしれませんし。
そもそもその企画が良いとされて世に出したのに、世論は逆だったとか。
ヒットすれば充実した仕事になるけれどそんなに簡単にいくことはない。
評価が出てしまう仕事はやりがいもあるのでしょうけれど、自分は無理かなぁ。

コメントは受け付けていません。