趣味は読書

趣味は読書の私にとって不思議な作家さんがいます。
一番初めに本を読んだときは、このシーンが嫌だとかこの人のここが気に入らないとか、好ましくないところが多いんですよ。
それでも、面白くなくて全く駄目、すぐに手放したいし二度と読まないという評価にはなりません。
しばらくしてもう一回読んでみるとアラ不思議。
手元においておこうと思うような本になってしまうんです。
もちろん、やっぱりいまいちだなと思う本もありますがほんの少しだけです。
なんだか憎めない奴というか、読めば読むほど味が出るというか・・・。
好きな作家さんは他にもいますがこの人のようなパターンになる作家さんはいません。
これからも読み続けようと思う数少ない作家さんでもあります。