迷走神経反射

酷いひとだと血管迷走神経反射性失神といって意識を失うこともありあます。
強い痛みや精神的ショック、ストレスが誘因となって自律神経のバランスがくずれてしまいます。
そうすると抹消血管の抵抗が減少し血液が心臓に戻らなくなります。
その後には血圧低下となり脳血流が低下して意識がなくなります。
このときに徐脈、冷や汗を伴います。
最も頻度が高く、健康人にも起こる失神が血管迷走神経反射性失神です。
失神まではいかなかったけど目の前が真っ暗というか薄暗くなるくらいになったことはありますよ。
交通事故でおった傷を消毒してもらったときと、足の手術をしたあとにどでかい注射針で手術したひざから血を抜いたときです。
あれは本当に激痛で意識が遠のきました。