意外なオチ

妻を殺されたノンフィクション作家が犯人を探すという本。
連続殺人鬼とかホラーとか大嫌いなのになんで読んじゃったんだ本。(笑)
タイトルに惹かれたのかなぁ…。
たぶん推理小説なんで、トリックがあるにはあるけど残虐なシーンとかあって本当に怖かった。
犯人予想はあまりしません。
ぼやっと疑うくらい。
自分にとっては好ましくない展開の『意外な犯人』がマイナス点。
わかりやす過ぎるだろ。
でも、その犯人が誰とか以前に最後の最後に「うわああああ」っと言されちゃいました。
やめて。怖いわ-w
実はこの本を読んだだけでは完結しません。
続きはホームページでってなってるから。
でも現在はそのホームページが見られないという、最大のオチ。(笑)